記事詳細

芸能界の薬物疑惑 マトリがマーク、逮捕秒読み国民的タレント (1/2ページ)

 4月クールの“春ドラマ”が、続々とスタートする。例年ならテレビ関係者が何よりも気にするのは視聴率だが、今はそれ以上に出演者の“私生活”に敏感になっているという。

 4月2日、コカインを使用したとして、麻薬取締法違反の罪で俳優・ミュージシャンのピエール瀧被告(51才)が起訴された。売れっ子俳優でもあった彼の不祥事は、芸能界に大きな影響を与えた。

 NHKは大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』を含むドラマ6作のオンデマンドでの配信を停止。5月17日公開予定の映画『居眠り磐音(いわね)』は、瀧容疑者の出演部分の撮り直しを余儀なくされた。映画『麻雀放浪記2020』だけは賛否の中そのまま封切られるものの、逮捕による被害総額は10億円を超すとまでいわれている。

 そのため、映画やドラマ関係者の間では、タレントや俳優に関する薬物の捜査情報が、まことしやかに共有され始めているという。

 「瀧容疑者を逮捕した厚生労働省麻薬取締部(通称・マトリ)は、以前から芸能界をターゲットにした捜査を水面下で進めています。例えば、ヤクザ映画に引っ張りだこの強面俳優Aには、すでに内偵が入っているそうです。大物音楽プロデューサーのBは、クラブでコカインを摂取しているとのタレコミがあり、昨年末に家宅捜索を受けたとされています。両者とも逮捕には至っていませんが、当局が徹底的にマークしているのは確かです」(捜査関係者)

NEWSポストセブン

関連ニュース