記事詳細

【中本裕己 エンタなう】原作を換骨奪胎してタイムスリップしたぶっとび感! 映画「麻雀放浪記2020」

 東京・銀座にある東映の本丸「丸の内TOEI1、2」の大看板を見てぶっ飛んだ。埼玉をディスりまくって県民までも自虐的に大ウケしているという「翔んで埼玉」の隣に、ドーンと「麻雀放浪記2020」。どちらも原作を換骨奪胎したハチャメチャな諧謔(かいぎゃく)的作品である。この並びは冒険だ。

 ややこしい問題を強行突破した形で公開された「麻雀放浪記2020」だが客の入りは、いまひとつ。しかし、見どころは満載。

 阿佐田哲也のベストセラー小説「麻雀放浪記」は、1984年に和田誠監督のシブイ映画となり評価が高かった。その主人公・坊や哲(斎藤工)が終戦後の1945年から2020年の東京にタイムスリップする。

 新たな戦争で、東京オリンピックは中止となり、街は荒廃。浮浪者があふれ、仕事はAIにとって代わられていた。以下ネタバレを省略するが、坊や哲が新たな麻雀の頂上決戦に挑むことになる。

 この難解な設定に、斎藤は「演技マニア」と言っていいほど“雀鬼”に入れ込み、白石和彌監督の期待に応えている。ベッキー扮する謎のAI美女も、彼女しか出せない味わいがある。脇役陣で出色なのは、ピエール瀧より、むしろアイドルオタク役の岡崎体育。ドはまりだ。

 「令和」が発表され、「平成」のカウントダウンが始まった過去と未来の端境期である今こそ、こんな作品が似合うのかもしれない。 (中本裕己)

関連ニュース