記事詳細

「東京五輪キャスター」めぐる平成最後の特番合戦! 嵐・櫻井にとっても試金石 ゴールデンで安住vs羽鳥の人気アナ対決も (1/2ページ)

 平成最後の日まであと1週間。4月30日にはテレビ各局がそれぞれ趣向を凝らした特番を予定しているが、それは来たるべき2020年東京オリンピックのキャスターとしての試金石となりそうなのだ。

 「令和が発表された際も、各局のニュース番組は視聴率が軒並み上がる結果となるなど、視聴者の関心は高い。各局ともメーン司会には数字が期待できる顔ぶれをそろえています」とテレビ誌編集者。

 日本テレビは「news zero」の拡大版として、4月30日の午後11時から「『改元の瞬間』生中継SP」を元号をまたいだ1日午前0時59分まで生放送する。

 有働由美子アナ(50)に加え、通常は月曜キャスターの嵐の櫻井翔(37)も生参戦するが、「違う曜日にもかかわらず、あえて生参戦するということは、嵐の活動停止後、キャスター業を見据えている櫻井にとってここでの数字(視聴率)が重要だからです。真価を問われるわけで、東京オリンピックのキャスター選びにも影響します」と民放関係者。

 元号またぎで対抗するのは、6時間半の大型番組「平成の大晦日 令和につなぐテレビ」を予定しているフジテレビ。メーン司会に平成を代表する司会者、タモリ(73)を据えるなどバラエティーのフジテレビの真骨頂をみせる。

関連ニュース