記事詳細

映画監督・豊田利晃容疑者の拳銃所持に“仰天の真相” 薬物捜査で浮上も…ピエール瀧被告とは別ルート (2/2ページ)

 カギとなるのは今年2月、静岡県警が摘発した大麻事件だ。小笠原自然観察指導員連絡会の元会長の男性(65)が大麻取締法違反容疑(譲受)で逮捕されている。

 大麻を栽培・販売したとして静岡県警に逮捕された男から2018年10月中旬、大麻を含む植物片約100グラムを50万円で買い、自宅に宅配便で送らせた疑いだった。

 そして、この男性は、豊田容疑者がメガホンをとったドキュメンタリー映画「PLANETIST」に“伝説のサーファー”として出演しているのだ。

 「製作期間は約5年にも及び、その間、豊田容疑者と男性らは静岡県内で合宿のような形で撮影をしていました。そのため、静岡県警の大麻捜査の一環として豊田容疑者の自宅も、関連先として捜索対象となったのです。それで捜索の結果、拳銃が見つかったという流れなのです」(前出の捜査関係者)

 窪塚洋介(39)らも出演する「PLANETIST」は当初5月公開予定だったが、現時点で公開は未定だ。

関連ニュース