記事詳細

【ぴいぷる】EXILE・TAKAHIRO「夢は口に出していくことが大切」 初の単独主演映画「僕に、会いたかった」10日から公開 (1/3ページ)

 ダンス&ボーカルグループ「EXILE」のボーカルであり、俳優としても活躍中だ。歌うことと演じることには「共通点がある」という。

 「歌うときは、5分のショートフィルムのようにさまざまな感情や描写を描きながら表現するので、それがお芝居をするときも役立っています。逆にお芝居では、さらに丁寧に感情を掘り下げて表現するので、それがまた歌の表現にも生かせ、相乗効果になっています」

 10日から公開の「僕に、会いたかった」(錦織良成監督)で、初の映画単独主演を果たした。

 「身近な人を大切にする思いとか、周りの人に支えられていることなどを、この映画を通じて感じていただけたらと思います」

 島で一、二を争う凄腕の漁師だった徹(TAKAHIRO)は、ある事故をきっかけに記憶を失ってしまう。彼を優しく見守る母、(松坂慶子)と本島からやって来る「島留学」の学生たち、島の人々との触れ合いの中で徹は“自分自身”を見つけていく。家族の絆と再生を描いた物語だ。

 記憶喪失の元漁師を演じるにあたり、心がけたことがある。

 「記憶がない役なので、無の状態になるというか、ただ黙々と生きている男を意識して演じました。悲しい過去のある役ではあるのですが、悲しく演じてしまうと記憶喪失ではなくなってしまうので難しかったです」

関連ニュース