記事詳細

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】内緒話も「水に流せる~」幼い頃のオトナの基準… (2/2ページ)

 思えば小学校の低学年で何の秘密を分け合うのやらと今では笑い話ですが、当時は秘密や内緒のやり取りができることが大人だという考えでした。大人の基準がかなりおかしなことになっていますが…。

 そんな経緯もあってか、名残のように「水に流せる=貴重」というイメージが脳に刻まれたとしか思えません。改めて、子供の頃に受けた影響は後々の価値観を大きく左右させるものなんだなと実感したのでした。

 ちなみに、小さい頃に大好きだった付録は、件の水にとけるメモと日光で画像が出てくる日光写真、キャラクターが印刷されたレターセットやノートでした。

 特にレターセットは大切にしまっていたので、実家の押し入れの奥底に眠っていそう…。

 ■壇蜜(だん・みつ) 1980年12月3日生まれ、秋田県横手市出身。本名・齋藤支靜加。158センチ、B85・W60・H89。昭和女子大卒。最新写真集「モナリザ-雫-」「モナリザ-結晶-」(いずれも講談社)が2冊同時に発売中。

 レギュラー番組は文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」水曜パートナー、テレビ埼玉「板尾壇(談)」、TBS「サンデージャポン」(隔週)、NHKラジオ第2「高校講座 保健体育」、文化放送「壇蜜の耳蜜」など多数。

関連ニュース