記事詳細

欅坂46の“美容番長”・守屋茜実践、体のメンテナンス術 (1/2ページ)

 NHK紅白歌合戦に3年連続で出場を果たし、圧巻のパフォーマンスで世間の注目を集めた欅坂46。グループで副キャプテンを務めるのが守屋茜(21才)だ。

 彼女は1997年11月12日、守屋家の3人姉妹の長女として誕生。宮城県仙台市で育った幼少期は、人見知りの性格だったという。

 「手を挙げて発言するのも苦手な子でした。学校の友達と遊ぶよりも習い事ばかりをしていましたね」

 中学校ではソフトテニス部に入部。

 「とにかく厳しい部活で正月以外休みがなく、とことん精神を鍛えられました。悔しさも知りましたし」

 高校3年生のとき、大学受験の予備校に通っているときに欅坂46のオーディションを見つけた。

 「小学生でAKB48を知ってからこの世界に興味がありました。ちょうど進路を考える時期で、欅坂46のオーディションが仙台であったのでせっかくならと受けてみたんです」

 2万2509名の中から22名が合格。その中に彼女もいた。

 「毎日が刺激的で、レッスンも楽しくてしょうがなかったです。普通に生きていたら学べないこともあって、合格できて本当によかったです」

 デビューして3年。欅坂46メンバーは個人としての活動も目立ち始めた。彼女も雑誌のビューティーページに連載を持つなど、欅坂46の“美容番長”と呼ばれている。

NEWSポストセブン

関連ニュース