記事詳細

NGT48・山口真帆、怖すぎる最後の「意地」 卒業公演で『黒い羊』選曲…ファンも悲鳴

 昨年12月に暴行被害に遭ったNGT48の山口真帆(23)の卒業公演が18日に行われた。そこで歌われた欅坂46の『黒い羊』という楽曲が波紋を広げている。

 当初出演は同時卒業の菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人のみの予定だったが、最終的に7人のメンバーが駆けつけた。NGTの曲は『Maxとき315号』の1曲のみ。

 そして、山口たちが歌った“厄介者”を意味する『黒い羊』。《僕だけいなくなればいいんだ》と歌う詞は今の山口の現状からみるとあまりにイミシンだ。ファンからは「リアルすぎて怖い」との声すら上がっている。

 「卒業公演で直接的な運営批判はありませんでしたが、ファンに訴えるには十分すぎるほどの選曲でした。山口は最後まで意地を貫いた形です」と音楽関係者。

関連ニュース