記事詳細

元KAT-TUN・田口容疑者「10年前から大麻」 アイドル時代から使用か

 大麻取締法違反(所持)の疑いで、関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたKAT-TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)が、調べに対し「10年ほど前から大麻を使い始めた」と供述していることが明らかになった。アイドルとして活躍する裏で長年にわたりファンの目をあざむいていた罪は重い。

 田口容疑者がKAT-TUNでデビューしたのは2006年。同時に逮捕された内縁関係にある女優、小嶺麗奈容疑者(38)との交際が明るみに出たのが07年9月とあって、田口容疑者が大麻に手を出したのは小嶺容疑者との交際が始まってからということになる。小嶺容疑者はその交遊関係から長年にわたって薬物使用疑惑が取り沙汰されていた。

 2人の自宅からは、幻覚作用が強い「バッズ」と呼ばれる花穂部分が押収されており、常習性が指摘されていた。

関連ニュース