記事詳細

「10年ほど前から…」田口容疑者、不可解なKAT-TUN脱退劇のウラに大麻か

 大麻取締法違反の容疑で5月22日に逮捕された元KAT-TUNの田口淳之介容疑者が、「10年ほど前から大麻を使い始めた」と供述していることがわかった。

 「KAT-TUNは01年に6人組としてデビューしましたが、10年には赤西仁さん(34)が、13年には田中聖さん(33)が脱退。その際、これ以上メンバーが減らないように頑張っていこうと、4人は食事をしたり、頻繁に連絡を取り合うようにがんばっていたそうです」(芸能プロ関係者)

 ところが田口容疑者も16年3月にグループを脱退。

 「15年11月、田口容疑者は、出演していた音楽番組で突然脱退を発表しました。一緒にステージに立っていたメンバーらの悔しそうな表情は印象的でしたね。当時、脱退の理由はいまいちハッキリしなかったのですが、当時から交際中で、今回一緒に逮捕された女優の小嶺麗奈容疑者(38)と結婚するからなのではないかと言われていましたね」(前出・芸能プロ関係者)

 不可解な脱退劇の裏には大麻も関わっていたに違いない。(zakzak編集部)

関連ニュース