記事詳細

女子会を覗き見! 『グータンヌーボ2』の舞台裏に潜入 (1/2ページ)

 関西エリアを中心に放送されているトークバラエティ番組『グータンヌーボ2』(関西テレビ)。長谷川京子(40)、田中みな実(32)、滝沢カレン(27)、西野七瀬(25)がMCを務め、女性ゲストたちの本音を引き出す赤裸々な“ガールズトーク”が人気を博している。

 前身の『グータンヌーボ』の終了から約7年ぶりの番組復活となった。7年前とはテレビを取り巻く環境が大きく変わり、Amazon Prime VideoやTVerなど、インターネットを通じて全国で視聴できる時代になった。この番組もインターネット配信によって全国に放送されている。

 “予定調和なし”の女子会は、男性の視点から観ると、「何が起こるか分からない」「女子会を覗き見ている」といった好奇心をくすぐられる面白さがある。尾上太基プロデューサーは、番組を男性が観る面白さについてこう語る。

 「台本は本当に一切、ありません。私自身、どうなるか分からない女子会の様子を毎回楽しんでいます。男性からすると普段見ることのない女性の“素顔”が観られるので、勉強になることも多いと思います(笑い)。怖いもの見たさで覗いてみてほしいですね」

 番組の魅力は、なんといってもMC陣から1人とゲスト2人で織りなす女子会ロケにある。そのトーク内容は“タブーなし”で展開される。

 たとえば、長谷川が歌手のLISA(m-flo)、元衆院議員の金子恵美をゲストに招いた回では、長谷川が「アノ件、聞いてもいいですか?」と不倫騒動について金子に切り込んだかと思えば、LISAは「今の40代ベリーセクシーよ!」など視聴者もヒヤヒヤするような会話が飛び交った。ロケでのトーク時間は、毎回3時間にも及ぶという。

 今回は、そんなロケの様子をMC陣が振り返るスタジオ撮影に密着した。20人ほどのテレビマンたちがカメラ機材や小道具などの間を行き来するなか、司会の4人がスタジオセットの前に登場。撮影が始まるとロケの映像を観ながら、肩肘張らずに軽妙な掛け合いをする4人の姿が見られた。その様は四姉妹のような和やかな雰囲気だ。

NEWSポストセブン

関連ニュース