記事詳細

【ぴいぷる】伊藤蘭、「令和」は二刀流! いくつになっても“ランちゃん”は変わらず 41年ぶりコンサート&アルバムリリース (1/3ページ)

 インタビューの場で思わず、「ランちゃんとお呼びしてもいいですか」と尋ねたところ、「私はいいですよ! でもどうなんでしょう~、もうそんな年じゃないし」と見事な“微笑がえし”。

 そのとき、41年ぶりのコンサートを1カ月後に控えており、こんなことも言っていた。

 「どうなるでしょうねえ。41年ぶりということで大目に見てもらえれば。いろんな形で楽しんでもらって、お客さんが歌に集中できないようにしないと…って、ずるいですよね、ウフフ。私も60代になって悪くなりましたね」

 ところがどうして、2019年6月11日、TOKYO DOME CITY HALLで行われたソロコンサートでは、『春一番』などキャンディーズ時代の6曲を含む全17曲を披露し、キャンディーズのファンだったかつての若者たちの時間をしっかり巻き戻した。

 やはり、いくつになっても“ランちゃん”は、いつまでも“ランちゃん”なのだ。

 今年5月、伊藤蘭の個人名義では初のソロアルバム『My Bouquet(マイ・ブーケ)』をリリースした。これが何と41年ぶり。キャンディーズのラストアルバム『早春譜』(1978年)以来となる。

 まさにあの歌声が復活したわけだが、「それまでも、歌ってみればとは言われていたんです。でも、まだ先でもいいんじゃないって思ってたの。ただもう64歳だし、まだ元気なうちに挑戦してもいいかな、今がチャンスかなって、思ったの」とその理由を明かす。

関連ニュース