記事詳細

【ぴいぷる】ギタリスト・内田勘太郎を“ブルース”が呼んでいる! 再び、今、なぜ…甲本ヒロトと「ブギ連」結成! (1/2ページ)

 ギターを歌わせたら、内田勘太郎の右に出る人はいないのではないか。ギターで歌うのではなくギターが歌うのだ。

 弦の一本一本が泣くのである。時には束になってむせぶのである。もっと速く弾く人や、複雑な音を出すギタリストはあまたいるのだろうが、独特の音色は彼固有のものだ。以前にテレビのCMで、単音のロングトーンだけで誰の演奏か当ててしまったことがある。ささやかな自慢だったが、「それ親戚のおばちゃんにも言われたことあるな」。つまり、そんなギタリストである。

 40と数年前、入学した高校の後ろの席に、後に「天使のダミ声」と称される木村充揮が座った。互いにギターを弾いた。最初は内田が歌い、木村がリードを弾いた。ある日、持ち場を変えてみると、お互い凄い。木村の友人、花岡献治をベースに加え、アンプを借りにいった軽音楽部の部長、島田和夫がドラムを叩いて奇跡のような偶然から日本のブルースバンド「憂歌団」は生まれた。「おそうじオバチャン」「胸が痛い」などの名演を残してバンドは休眠。約20年前からは主にソロで活動してきた。

 そんな内田が甲本ヒロトとユニットを結成し、アルバム「ブギ連」を発売した。あの「ザ・ブルーハーツ」「クロマニヨンズ」のパンクロッカー、甲本である。今、なぜ内田と甲本なのか。

 そもそも甲本は高校生のころから憂歌団のファンだった。内田は甲本の「リンダリンダ」に「こんな人、出てきたんだ」と注目し、同じ匂いをかいだ。ブルーハーツと憂歌団の共演から交流が始まり、内田は甲本の自宅も何度か訪ねた。家にはロバート・ジョンソンやエルモア・ジェイムスらのSP盤のコレクションがあり、蓄音機の大音量で聴いた。

関連ニュース