記事詳細

【YFM 夕刊フジmusic】林哲司のライフワーク・ライブ「SONG FILE vol.03」 26日モーション、ブルー・ヨコハマ

 ■18日NHK「ごごナマ」出演決定

 ソロ、バンド・エイトで活躍する作曲家/シンガーソングライターの林哲司のライブ・プロジェクト『林哲司 SONG FILE vol.03』が26日、横浜赤レンガ倉庫のモーション・ブルー・ヨコハマで開催される(入替制2回公演)。

 9月7日の夕刊フジ主催『林哲司produce AOR JAPAN Live』にもつながるライフワークといえるプロジェクトで、01では杉山清貴、02では稲垣潤一が出演。03の今回のフィーチャリング・ボーカルは驚異的なハイトーンボイスの小野正利と、声優としても有名な“まめぐ”こと中島愛だ。

 2年前のデビュー25周年の際、林に『Never say good-bye』を提供してもらった小野は、「林さんと同じステージに立ち、作品を歌えることをとてもうれしく思っています。作品の世界観を損なわないよう、しっかり丁寧に歌い切りたいです」。

 最新アルバム『ラブリー・タイム・トラベル』で林の作品『真夜中のドア』をカバーした中島は、「林先生と一緒にステージに立つことができる貴重な機会で、とてもうれしいです。大人な雰囲気の会場で、また新たな自分をお見せできたらと思います」と気持ちを込めた。

 「01、02とは違った、03のフィーチャリング・ボーカルならではのセットリストに注目してください! もちろん、お馴染みのヒット曲も!」と林。チャージは自由席7000円(税込み)。予約など詳細はモーション・ブルー・ヨコハマのホームページまで。

 □夕刊フジミュージックpresents

 ■「林哲司 produce AOR JAPAN Live」

 チケット好評発売中! 前売り8000円(税込み)

 9月7日 16時開演 虎ノ門・ニッショーホール

 稲垣潤一、EPO、芳野藤丸、山本達彦、バンド・エイト、林哲司

関連ニュース