記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】初めはビキニだった上野樹里 「通るべき道」通ってきた演技派女優 (1/2ページ)

 今期ドラマが徐々にスタートしております。

 間違いなくヒット&話題となりそうなのが日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)。原作は池井戸潤氏の書下ろし新作小説。

 かつては強豪だったが、今は会社にとってお荷物となっているラグビーチーム「アストロズ」を、上司の意見に反目し左遷されたエリート社員、君嶋隼人(大泉洋氏)が立て直していく、という再起と成長の物語です。

 大泉氏と妻・真希役の松たか子様との掛け合いも絶妙でホームドラマ要素もあり。出演俳優陣も原作もナイスですが、さらなる注目ポイントが演出の福澤克雄氏。

 同枠では『半沢直樹』(2013年)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(14年)、『下町ロケット』(15、18年)、『陸王』(17年)とヒットドラマを演出した実力者。さらに、学生時代は超有名なラグビー選手だった福澤氏。

 ラグビーを知り尽くした人物の演出ゆえ、既存作品とは違った世界観にも期待です。

 そして、もう1本の注目ドラマが、上野樹里様主演の『監察医朝顔』(フジテレビ系)。

 なんであれ話題となる月9枠。さっそくネット上では初回で東日本大震災を描いたことに視聴者が困惑との声も。

 原作では母親は阪神・淡路大震災に旅行中に遭遇し亡くなっていますので、わりと変更点もある作品。

関連ニュース