記事詳細

雨上がり・宮迫、引退決断! 金塊強奪犯と「ギャラ飲み」で“アウト” ロンブー・亮も引退協議 (1/2ページ)

 お笑い芸人による闇営業問題で、謹慎中のお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が引退を決断した。19日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、福岡で起きた金塊窃盗グループの主犯格と並ぶ写真を掲載し、金銭を受け取っていたと報じたことで、これはもうアウト。進退窮まったというわけだ。

 今度の“腐れ縁”は、2017年5月に窃盗罪で逮捕され、公判中の野口和樹被告(43)。この野口被告は16年7月に、JR博多駅近くで会社役員らから約7億5000万円相当の金塊を盗んだグループの主犯格というから、タチが悪い。

 同誌によると、宮迫は強奪事件からわずか19日後の16年7月27日夜、大阪・北新地のキャバクラで仲間と飲んでいた際、別席にいた逮捕前の野口被告と同席することになり、一緒に記念撮影をしたという。

 さらに宮迫が野口被告の仲間から一緒に飲んだ「ギャラ飲み」の謝礼として5万~10万円渡されたという目撃談まで掲載している。

 「野口被告は芸能人の出入りする飲食店に顔を出し、気前よくおごったりして取り入り、ツーショットを撮っては周囲に見せびらかしていました。同じグループの仲間も同じように人気アイドルとの写真などをSNSに投稿して問題になったことがあります」と芸能関係者。

 宮迫とともに、闇営業騒動で謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)も引退を協議しているという。「宮迫は自分が引退するのと引き換えに、同様に謹慎となっている後輩芸人の早期復帰を願い出たそうです」と先の芸能関係者。

関連ニュース