記事詳細

【永瀬白虎 アイドルSEXY列伝】倉田まり子 記憶に残る記者会見…芸能マスコミは猛省すべし! (2/2ページ)

 詰めかけた報道陣で会議室はすし詰め状態。なにしろ本人の神田氏が会場に入れないほどごった返していました。

 驚いたのが、離婚会見なのに、会場入り口のテーブルに取材陣用につなぎ(軽食・おにぎり、サンドイッチ)が用意されたていたこと。まさに神対応の石原プロ。

 素人時代で今も記憶に残る記者会見は、1984年10月の倉田まり子様の会見です。ことの発端は84年9月の「フライデー」創刊準備号に掲載された1枚の写真でした。

 長髪ヒゲの怪しい醜男と、人気絶頂のアイドルのツーショット。まり子様推しの男子高校生には衝撃でした。彼女が投資ジャーナル中江滋樹氏の愛人であり、7000万円のお手当で目黒に豪邸を建てたという疑惑。

 結果、まったくの事実無根であり、まり子様は潔白。次第に事態は収拾するのですが、彼女は名誉回復の機会もなく芸能界を引退します。

 今なおYouTube上に残る記者会見の動画。当時、各ワイドショーで活躍していた有名リポーター陣の罵声まじりの詰問に恐怖すら感じます。

 ひとりの才能を、裏取りもしていない報道で潰してしまったことを、芸能マスコミは猛省し、教訓とすべきなのですが。35年たっても…。(永瀬白虎)

関連ニュース