記事詳細

【ぴいぷる】映画監督・矢口史靖 ミュージカルが好きにな~る催眠術をかけましょう! 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」に次ぐ新ジャンル「ダンスウィズミー」16日公開 (1/3ページ)

 「なぜ突然、歌って踊り出すのか? こう思って見るのを敬遠しがちな日本人は多いのでは。私自身、ミュージカルに疑問を持つ一人でしたから」

 監督作10作目にして、初めてミュージカル映画の製作に臨んだ日本の気鋭監督は苦笑しながら、こう打ち明けた。

 新作のタイトルは「ダンスウィズミー」(16日から全国公開)。

 OLの鈴木静香(三吉彩花)は休日、姪を連れて遊園地を訪れる。そこで催眠術師、マーチン上田(宝田明)に催眠術をかけられてしまう。それは、音楽が聞こえた瞬間、所構わず歌って踊り出してしまう催眠術だった…。

 シンクロナイズドスイミング(アーティスティックスイミング)に挑む男子高校生を描いた「ウォーターボーイズ」(2001年)や、ビッグバンドに挑む吹奏楽部の女子高生を描いた「スウィングガールズ」(04年)など、これまで常に新たなジャンルの映画で観客に新鮮な驚きを与え続けてきた。

 「実は今から16年前。『スウィングガールズ』の撮影のときに、ミュージカルシーンを構想していたのですが、このときは実現しなかった」と振り返り、こう続けた。「ミュージカルは本当に難しい。経験を積んだ今だから撮れた」と。

 近年、人気漫画や小説を原作にした映画が多いが、新作も過去作同様、オリジナル脚本を自ら書き上げた。人気監督ながら数年に一本というペースで新作を発表してきたのも、オリジナルへのこだわりなのか。

関連ニュース