記事詳細

批判が相次ぐ…公共事業とのコラボで吉本叩きの「謎」 肥留間正明氏「笑いに安易に頼りすぎ」 (1/2ページ)

 厚生労働省が、吉本興業の芸人、小籔千豊(46)を起用した「人生会議の日」(11月30日)のポスターを公表したところ、わずか1日で“お蔵入り”する騒ぎがあった。病床の小籔がユーモアをまじえてボヤく内容だが、患者団体から抗議が相次いだのだ。公共事業でのコラボに力を入れる吉本興業だが、最近は批判にさらされることも少なくない。

 ポスターは、人生の終末段階でどのようなケアを受けたいか事前に医師や家族と話し合う「人生会議」の啓発のため、厚労省がポスター製作を吉本興業に委託した。

 病床の小籔が怖い顔をして「人生会議をしておけばよかった」とボヤく内容だが、「全国がん患者団体連合会」など患者団体から「不快だ」として抗議が相次ぎ、“お蔵入り”となったのだ。

 12月1日放送の「ワイドナショー」でダウンタウンの松本人志(56)がこの問題について「粘ってほしいよね。1日でやめちゃうのはもったいないですね」「小籔が巻き込み事故にあっている感じもする」と発言。「ネットでも賛否分かれています。しかし、不快に思う声が上がっている以上、回収はやむを得ない」と週刊誌記者。

 闇営業騒動以降、吉本興業が政府や自治体、公共事業とコラボする企画が、批判の対象になるケースが相次いでいる。

関連ニュース