記事詳細

レコ大、新設「特別音楽文化賞」にジャニー喜多川さん マッチが代表で出席

 7月9日に死去したジャニーズ事務所の創業者で前社長、ジャニー喜多川さん(享年87)が、30日に東京・新国立劇場から生放送されるTBS系「第61回輝く!日本レコード大賞」(午後5時半)で「特別音楽文化賞」を受賞することになった。30日には大賞、最優秀歌唱賞、最優秀新人賞の3冠を達成している近藤真彦(55)が事務所代表で出席する。

 ジャニーさんの功績をきっかけに、音楽文化の発展に寄与し、日本レコード大賞へ多大な貢献をもたらした人物に贈られる賞として、日本レコード大賞実行委員会が新設した。

 同事務所では、1987年に近藤が「愚か者」、88年に光GENJIが「パラダイス銀河」で大賞を受賞。最優秀新人賞も、80年から4年連続で田原俊彦(58)、近藤、シブがき隊、THE GOOD-BYEが受賞。さらに少年隊(86年)、男闘呼組(88年)、忍者(90年・ポップス部門)も受賞した。