記事詳細

【現役看護師&週末モデル 大原茉莉奈のパラレルライフ】試験に無事合格! 看護師として充実した日々を過ごすも、もう一つの夢が…

 前回は私が看護師になるまでの経緯をお話ししました! 今回はなぜ看護師である私がモデルを目指すようになったのかをお話していきたいと思います。

 私は幼いころから洋服が大好きで毎月、雑誌を買って何度も読んだり、ファッションの研究をしたり……。家族での外出も、テーマパークなどの遊び場ではなく、いつもお買い物をリクエストしていました。そして雑誌でたくさんの可愛いお洋服を着こなすモデルさんを見て、心の中でぼんやりと「いつかモデルなれたらいいなぁ」と思うようになっていました。

 看護学生になっても変わらず雑誌やテレビはよく見ていて、見る度にキラキラした世界に憧れつつも、看護師という夢に向かって日々勉強していました。今思い返すと、私は看護師とモデルという二つの夢をもっていたんだと思います。

 実は看護学生時代に、関西で有名なモデル団体にスカウトしていただいたことがあります。そこはレッスンも多く、本気でモデルを目指す方が多く所属していました。しかしテストや実習も多く、学生としての本分が疎かになってしまうと思い、そこに入ることは諦めました。看護学生だからという理由もありましたが、そのときは本気でモデルに挑戦する勇気もなかったなと今になって思います。

 その後、看護師の国家試験に無事合格! 新卒看護師として脳神経外科・神経内科病棟で働き始めました。そこでは私より若い方からご高齢の方まで、本当に様々な患者さんとの出会いがありました。患者様と最も長い時間を過ごす私たち看護師は、日々の関わりの中で患者様が自身の人生について話してくださる機会が多くあります。これまでの人生に誇りを持っておりキラキラとした目で話される方や、何か後悔のある方、やり残したことがあると話される方など本当に様々でした。

 そんな日々を過ごして3年目を迎えたころ……ふと、自分自身は今、後悔しない人生を送ることができているのだろうかと考えました。看護師という夢は叶えることができたけれど、モデルという夢は最初から挑戦もせず諦めてしまっているとそのとき改めて気付き、このまま何もしなければきっといつか後悔する!と思ったのです。そして急性期病院からクリニックへ転職、休日にサロンモデルから少しずつ始めていくことに。

 サロンモデルはヘアスタイルがメインですが、スタイルによってファッションや表情を変えて撮影します。今までにない経験がとても新鮮で、サロンモデルを通して自分を表現する楽しさを知ることができました。そして、もっとモデルとして自分の表現力を高めたい! 上を目指していきたい! という気持ちが強くなり、色々なモデルのオーディションを探し始めるようになりました。次回以降、具体的にどんなモデル活動にチャレンジしているかについてもお話しますね!(大原茉莉奈)

関連ニュース