記事詳細

【アニメソングの女王・堀江美都子伝説】フィリピンでは国賓級の扱い!? 「歌は自分の人生そのものだった」 (2/2ページ)

 激動の50年だったが、堀江にとって「歌」とは何なのだろう。

 「歌うことで、周りの人が元気になったり、喜んだりしてくれることがうれしいと幼少のことに思ったときからずっと、私にとって、歌とは自分という存在を一番表現できる方法なんです。そして、今となっては、自分の人生そのものだったんだなと思いますね」=おわり(この連載は福田哲士が担当しました)

 ■堀江美都子(ほりえ・みつこ) 声優・女優。1957年3月8日生まれ、62歳。神奈川県出身。66年に「日清ちびっこのどじまん」で準優勝。69年に「紅三四郎」でアニメ歌手としてデビューする。

 以降、「キャンディ・キャンディ」「秘密戦隊ゴレンジャー」などアニメ、特撮ものでヒット曲多数。水木一郎、ささきいさお、大杉久美子とともに「アニメソング四天王」とも呼ばれる。

 2月12日に50周年記念のカバーアルバム「One Voice」とベスト盤「One Girl BEST」(ともに日本コロムビア)を発売。

 2月16日に50周年の記念ライブを「よみうり大手町ホール」で開催。

関連ニュース