記事詳細

ドラマの再放送は出演者に許諾必要「1割程度のギャラも発生」 (2/2ページ)

 性に興味津々な思春期の男子中学生3人組が繰り広げる、ちょっとエッチでコミカルなドラマ『毎度おさわがせします』(1985年・TBS系 最高視聴率26.3%)では、こんなことが。

 「劇中、ヒロインの中山美穂が瑞々しいセミヌードを披露しましたが、以前再放送された際にはそのシーンだけがカットされました。DVD版でも同じです」(同前)

 ドラマ再放送時の局側と事務所の取り決めについて、キー局ディレクターはこう語る。

 「再放送の際、出演者には『二次使用料』として放送時の1割程度のギャラが発生するので、基本的にはキャスト全員に放送の承諾を取ります。

 断わられることはまずありませんが、無名時代の役柄によっては“現在のイメージが崩れる”と、事務所が難色を示すケースもある。その場合は当該シーンをカットして編集したり、放送自体がNGになることもあります」

 ※週刊ポスト2020年5月22・29日号

NEWSポストセブン

関連ニュース