記事詳細

TBS女子アナの歴史 小林麻耶と田中みな実の果たした役割

 民放各局が相次いで開局したテレビ黎明期、TBSは女子アナ採用の面で他局を大きくリードしていた。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が同局の変遷を解説する。

 「当時のTBSは『民放の雄』と呼ばれ、日テレやフジに比べて報道重視でした。その影響からか、毎年多くの女子アナを採用し、民放の女子アナで初めて定年まで勤め上げた宇野淑子アナや気象キャスターの先駆けとなる石井和子アナを輩出した」

 しかし、女性タレントが増加すると女子アナの採用を見送るようになる。

 「1969年から9年間も採用をやめてしまうのですが、その間フジの田丸美寿々アナが人気になるなど他局のアナが台頭。TBSは“女子アナ戦線”から離脱してしまった」

 その空気が変わったのが、久しぶりに採用を再開した1977年。硬派なTBSに変化が起こる。

 「新人の吉川美代子アナと三雲孝江アナが人気を得ます。特に吉川アナは“TBSの松坂慶子”と呼ばれ、同局アナのタレント化の草分け的存在になった」

 そして1980年代後半にフジが起こした「女子アナブーム」の波にTBSも流されていく。

 「天然キャラの雨宮塔子アナとコスプレでカルト的な人気を誇った進藤晶子アナがアイドル的に扱われました。ただ、TBSらしくどこか落ち着いた上品さがあり、いわゆる派手な“アナドル”とは毛色が違いました」

 その後2003年、ついに本格的に「アナドル路線」へ大転換を図る転機を迎える。

 「小林麻耶アナの登場です。小島慶子アナが後年、昔のTBSは元タレントなどを好まず“処女性”が求められたと話していましたが、小林アナは『恋のから騒ぎ』出身。彼女の成功でTBSはタレント性を重視するようになった」

 そして2009年、田中みな実アナの入社で集大成を迎える。

 「同年に小林アナが退社しますが、田中アナがその穴を補いTBSの方向性が固まった。現在まで民放のどの局よりもアイドル性重視の採用です」

 ◆取材・文/河合桃子 ◆写真/ロケットパンチ

 ※週刊ポスト2020年6月5日号

NEWSポストセブン

関連ニュース