記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】格闘家・秋山成勲、アスリート救済のために見せた「実業家の顔」 (1/2ページ)

 格闘家の秋山成勲(44)が、数多くの有名スポーツ選手たちを募って、「WE ARE ONE TEAM~うちで過ごそう~」という動画配信チャンネルをYouTube上に立ち上げて評判を呼んでいる。

 トップアスリートたちが「家で手軽にできるトレーニング」を自ら解説し、バトン方式で伝授するのは極めて異例だ。秋山は柔道家時代の友人である、五輪メダリストの井上康生や鈴木桂治といったレジェンドクラスの指導者につなぎ、テニスの伊達公子、現役プロ野球選手では、日本ハムの中田翔らも含めて実に豪華な顔ぶれ。交友関係の広さに驚かされる。

 現在、秋山は格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」(シンガポール)を主戦場としており、世界規模で人気絶大な格闘家の1人となっている。

 国内で柔道家から総合格闘家へ転身し、「HERO’S」や「DREAM」といった格闘技イベントで知名度を高めた頃からから、ずっと応援してきた。過去には「FRIDAY」の巻末カラーで、秋山が肉飯処を紹介する連載「俺の肉」で、同行記者をさせていただき、評判の店を連夜、2人で通ったこともある。

 このコラムを書くにあたり本人に近況を聞いてみた。

 世界的なイベント自粛で食べていけないプロ・アスリートが今後、次々に現れると予想。「コロナで金銭的に生活が圧迫されている選手たちへ向けた何かしらの救済活動についても、積極的に取り組んでいきたい」と思いの丈を語ってくれた。

関連ニュース