記事詳細

白石麻衣・西野七瀬のツートップが再演! 「世界中の隣人よ」で魅せた乃木坂46が話題 (1/2ページ)

 5月25日、人気アイドルグループ・乃木坂46が新曲「世界中の隣人よ」のミュージックビデオを公開しました。

 今回の楽曲は、外出自粛を心掛けている人たちや、医療従事者の方たちへの感謝の気持ち、感染拡大防止の呼びかけを目的とした歌詞や映像になっていて、今までの楽曲の中でも非常にメッセージ性の強いものとなっています。

 特に、乃木坂としては初めて現役メンバーと卒業メンバーが同じ楽曲に参加している(メンバーは自宅などからそれぞれリモート撮影にて参加)こともあり、初期のころからのファンにとってはたまらない演出です。

 そんな今回のミュージックビデオの見どころを3つ上げたいと思います。

 関連記事:発売前に重版決定!? 村瀬紗英、NMB48加入9年目にして「今が旬」の理由 時代にハマったセンスとルックス | TABLO

 1つ目は、卒業から6年近く経っている市來玲奈(現日テレアナウンサー)の参加です。

 乃木坂1期生の彼女は2014年7月を持って学業専念を理由に乃木坂を卒業し、2018年に日本テレビに入社。何度か番組での乃木坂メンバーとの共演はありましたが、今回はメンバーの一人として楽曲に参加。6年ぶりに乃木坂46として歌唱する彼女の姿は目に焼き付けておくべきでしょう。

 2つ目は、1年半振りに実現した白石麻衣と西野七瀬による2トップ体制です。

TABLO

関連ニュース