記事詳細

木村花さん、周囲を気遣う甘え上手 テラハとかけ離れた素顔 (1/3ページ)

 「花、帰ってきて! 帰ってきて!!」。5月23日、街が寝静まっているはずの午前3時半、都内で絶叫が響き渡った。女子プロレスラーの木村花さんが、都内の自宅マンションの一室から緊急搬送されたのだ。叫び声の主は、花さんの「さようなら」といったSNSへの投稿から異変を察知して駆けつけた友人。その様子を、近隣住民が目撃していた。

 「けたたましいサイレンが鳴り響き、救急車や消防車の無数のライトに周囲が照らされていて、夜なのに明るかった。火事にしては火が見えないと思っていたら、ピクリともしないピンク色の髪をした若い女の子が、救急隊員に抱きかかえられながら運ばれてきて、救急車の中で心臓マッサージをされていました。救急車が走り去ると、若い女の人が泣きながら叫んだんです。『花、帰ってきて!』と」

 しかし、花さんはその声に答えることができなかった。享年22。あまりにも早い旅立ちだった。

 「自宅には、母親や知人らに向けた遺書のようなメモが残されていて、玄関のドアには、『硫化水素発生中』と貼り紙がありました。現場の状況から、自ら硫化水素を発生させて、中毒自殺を図ったものとみられています。硫化水素は第一発見者を巻き込むリスクがある。最期まで他人を気遣ったということでしょう」(社会部記者)

 女子プロレスラーとして、人気選手だった花さんは、昨年秋から一般にもよく知られる存在になっていた。人気番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していたからだ。

NEWSポストセブン

関連ニュース