記事詳細

“四十路の美女”浜崎あゆみ&大橋未歩アナの「すっぴん公開」に大反響!

 コロナ禍で「ステイホーム」が広がった中、多くの芸能人がSNSで素の自分を発信している。テレビでは見られない素顔にファンは喜ぶが、中にはすっぴんを披露するケースも。それが四十路の美女が惜しげもなく見せてくれているのだ。

 歌手の浜崎あゆみ(41)は5月17日、インスタグラムにすっぴん写真を投稿した。「お風呂上がりすぎて、ほっぺが真っ赤」と書き込んだ浜崎はゴージャスなパジャマ姿でリラックスした笑顔。お風呂上がりとあって、ほんのりと顔が赤らんでいる。

 元テレビ東京でフリーアナの大橋未歩(41)も5月末にインスタグラムで風呂上がりのすっぴん写真を公開した。新しく購入したヘアラップを紹介する投稿だが、髪をアップにしたすっぴん写真は、透き通るような白さで、ファンも絶賛する1枚となった。

 「どちらも普段のメークした顔とは違います。これがすっぴん写真の面白さですね。普段では見られない妖しい色気があります。風呂上がりというのもそそりますね。プライベート感いっぱいです。それでも40歳をすぎて、こうした写真を投稿できる勇気があるのは、それだけきちんと手入れをしているということです」と出版関係者。

 そんな投稿もまさに新型コロナが影響しているとか。

 「芸能人が自分をアピールできる場がSNSに限定されていましたからね。ツイッターやインスタで近況を報告するか、YouTubeでネタを公開するか。いずれにしてもネット民に関心を持ってもらう投稿を続けるには、すっぴん写真は強力コンテンツなんです」と芸能ニュースサイトの編集者は指摘する。

関連ニュース