記事詳細

「半沢直樹」が中国マネーに屈した? 再放送で消えた台湾国旗の謎 中国サイトで違法アップロードされ話題に (2/2ページ)

 「動画サイトに新作もすぐにアップロードされるため、ネットを通じて視聴するのが一般的だ」という西谷氏。第1話も中国のサイトに無断でアップロードされていたといい、中国の掲示板やSNSには、「台湾の国旗が出ている。気をつけないと」「中国国内で放送するなら絶対処理が必要だな」などの声が飛び交ったという。

 台湾国旗をめぐっては、1986年の米映画「トップガン」で、トム・クルーズ(58)演じる主人公のジャケットに日本と台湾の国旗がデザインされていたが、来年公開予定の続編「トップガン マーヴェリック」の予告編では同じような色を使った別のシンボルマークに入れ替わっており、中国マネーの影響が指摘されている。

 西谷氏は、「(台湾国旗は)中国大陸では完全にタブーの存在で、公の場に出してはいけない記号として認識されている。国旗を出したままだと中国での放映に差し障りがあるので、テレビ局側で、問題が大きくならないうちに対応したのではないか」と推測する。

 大きな組織にもひるまず戦うのが半沢の真骨頂のはずだが…。

関連ニュース