記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】としまえん閉園で思い出す“クロちゃん騒動” 「くずキャラ」で人気が急上昇 (1/2ページ)

 8月いっぱいで、94年の歴史を終えた「としまえん」。先週、ふと訪れプールに入った。東京在住の私にとって、今年の夏は他県でバカンスを楽しむことができなかったが、思い出を刻むことができた。

 お盆明けの平日ながら、開園1時間前から入場口には長蛇の列。コロナ禍の密集が気になったが、それほど思い出深いファンが多かったということだろう。

 最近では、一昨年12月、安田大サーカスのクロちゃん(43)が出演した番組の騒動が強烈な印象として残っている。

 「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の人気企画「モンスターハウス」という「テラスハウス」の内容をパクった恋愛リアリティー企画。男女共同生活に参加したクロちゃんは、美女たちに囲まれ、恋愛を成功させるために奮闘した。クロちゃんの“腹黒キャラ”が炸裂して、手当たり次第に口説くクロちゃんの恋愛観に、SNS上では視聴者から悲鳴混じりの非難が殺到した。

 最終回は生放送で投票を行った。クロちゃんの愚行の数々に過半数から「許せない」と判断が下った場合、罰として「としまえん」に設置された檻に強制的に閉じ込められることが発表。さらに園内が無料開放され、珍獣“クロちゃん”に餌やりを実行できるという悪のり企画だった。

関連ニュース