記事詳細

ボン刑事から環境問題に尽力 宮内淳さん死去していた 70歳、直腸がん

 先月14日に直腸がんのため70歳で死去した俳優、宮内淳さん。夕刊フジの読者世代には「太陽にほえろ!」の“ボン刑事”でおなじみの青春スターだが、近年は環境活動に尽力していた。

 代表理事を務めていた「公益財団法人地球友の会」が「直腸がんとの診断を受け入院加療しておりましたが、去る8月14日、70歳をもって家族に見守られ永眠いたしました」と報告。故人の強い希望で葬儀は17日に近親者のみで執り行われた。

 宮内さんは1975~79年、日本テレビ系「太陽にほえろ!」に“ボン”こと田口刑事役でブレーク。同じく「太陽に~」でテキサス刑事役だった勝野洋(71)と共演した「リポビタンD」のCMなど青春スターとして活躍した。

 86年からは児童演劇活動などに力を注ぐ一方、環境問題に取り組む「地球友の会」の代表理事として活動しメディア出演からは遠ざかっていた。

 勝野は「一緒に青春時代を駆け抜けてきた仲です。安らかにお眠りください」とコメントした。

関連ニュース