記事詳細

『半沢直樹』、ネット大喜利がブーム ドラマ視聴に新たな形 (1/3ページ)

 毎回、20%を超える世帯視聴率を叩き出している人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。ドラマの放送中や放送後に、視聴者が“参加”する「ネット大喜利」が盛り上がりを見せている。こうしたテレビの新たな楽しみ方について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *

 コロナ禍による放送中断もまったく関係なし。2週間ぶりに放送された13日の第8話が自己最高の世帯視聴率25.6%を記録し、クライマックスに向けて大いに盛り上がる『半沢直樹』(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 原作小説を大胆に脚色した脚本、スピード感と重厚感を併せ持つ演出、それに応える俳優たちの熱演……盛り上がる要素が多い中、もう1つ特筆すべきは「放送中や放送後にネット上で大喜利を楽しむ人が増えている」こと。まるで『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)のように盛り上がっているのです。下記にいくつかの例を挙げていきましょう。

 第1話のラストカットで、大和田暁取締役(香川照之)が「そうですか。半沢くんが動き出しましたか。ご報告どうも」と言って通話を切り、スマホを大テーブルの奥に放り投げるシーンがありました。ここで「届かないであろうスマホをどう回収するのか?」というネット大喜利がスタート。「よつんばいでしょ」「テーブルクロス引きで」「ドローンで回収!」「マジックハンド」「“カマキリ先生”になったら前足が届くと思う」(『香川照之の昆虫すごいぜ!』のキャラクター)。

 コロナ禍の影響で次回放送が延期になり、生放送の代替番組が発表されると、すぐにネット大喜利がスタート。「オープニングは大和田が『特別編、始まりますです!ですですDEATH!』」「じゃあエンディングは半沢が指で数えて『来週もおーねーがーいーしーまーす!』」「曽根崎を挟んで、半沢&大和田の生『さあさあさあ』が見たい」「撮影は半沢たちが常連の小料理屋。井川遥アリで」。

 さらに番組サイドが生放送で出演者にぶつける質問を募集すると、再びネット大喜利スタート。「(堺雅人さんに)香川さんのアドリブに笑いをこらえる秘けつは?」「(香川さんに)頭取と虫取りどっちになりたい? 出演者の皆さんを昆虫にたとえたら?」「(片岡愛之助さんに)“直樹”って生で呼んでみて」「(前作の)壇蜜さんのネイルサロンはオープンした?」「大和田暁スピンオフの可能性は?」。

NEWSポストセブン

関連ニュース