記事詳細

胸張る杏、ナイスな吹き替え陣 25日公開アニメ映画「アダムス・ファミリー」 (1/2ページ)

 女優の杏(34)や俳優の生瀬勝久(59)ら日本語吹き替え版キャストが話題を集めているアニメ映画「アダムス・ファミリー」。来週25日に公開される。

 原作者のチャールズ・アダムス氏が1930年代に雑誌に描き始めた漫画が、21世紀の今に受け継がれている。アメリカでは、まずドラマ化され(日本でも「アダムズのお化け一家」として放送)、次にアニメ化。さらにハリウッドで映画化され、続編も作られた。そんな人気コンテンツが初めてCGアニメで映画化された。

 映画「アダムス・ファミリー」(日本公開92年)のキャスティングが鮮烈だった。特に母親のモーティシア・アダムス役のアンジェリカ・ヒューストンの少し不気味な美しさは強烈だった。その声を担当したのが杏だ。

 アダムス一家は特殊な能力を持ったモンスター一家だが、家族愛を大切にしている。一家が暮らす小高い山のふもとに、いつの間にかテレビの人気司会者が手掛ける住宅地が開発されたことで、物語が動き出す。ふもとに降りて一般社会の暮らしに興味を示す一家。子供は学校にも通い出す。

関連ニュース