記事詳細

『半沢直樹』影の主役・香川照之 裏に血の滲むような努力 (1/3ページ)

 TBS日曜劇場『半沢直樹』第2シーズンが、9月27日にいよいよ最終回を迎える。第1シーズンと比較して、さらに“パワーワード”的なセリフが増えた第2シーズン。中でも大和田暁(香川照之)は、「お・し・ま・い・death!」「お……、お……、おねしゃす」など毎週のように印象的なセリフを残し、視聴者の間で「名言製造機」との呼び声も高い。池井戸潤による原作小説にはない登場シーンも多く、ドラマ版では、大和田が影の主役とも言える存在感を発揮している。

 大和田というキャラクターはもちろん、大和田役を演じる香川照之本人にも一層注目が集まっている。毎週の『半沢直樹』の放送後には、公式Twitterアカウントにて撮影の裏話を明かしており、そのユーモアあふれる語り口が彼の人柄を感じさせる。

 第1話で大和田がスマホをテーブルに投げたシーンについて、香川が〈あれをあの後、大和田はどうやって回収したのか…?それを本日、発表いたします!皆さま、改めてその方法を予想してくださいませ!〉(9月22日のツイートより)と呼びかけると、リプライ欄が大喜利状態となって盛り上がった。このようにファンと積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢が印象的だ。

 香川はまた、かねて昆虫好きとして知られ、『香川照之の昆虫すごいぜ!』(Eテレ)という冠番組も抱えている。カマキリの着ぐるみを着て、楽しそうに昆虫について解説する姿から、ネット上を中心に“おもしろ昆虫おじさん”という愛称でも親しまれている。

NEWSポストセブン

関連ニュース