記事詳細

【ぼくらの90年代音楽論 30年前の「音楽」の「普通」】大谷能生×宮里潤(2) ヴァージン・メガストアの大きさに呆然「これが東京か…」 (1/3ページ)

前回から続く)

大谷:大学に入って上京して、いろいろとライブなんかに気軽に行ける環境になる訳じゃないですか。

宮里:ちょうど、もう渋谷系的なものが盛り上がっている時代ではありましたが……大学の同級生の話をすると、そういうのを積極的に追っていた人もたくさんいたけど、僕はその頃は音楽からちょっと離れていて。

 上京した時に、書店で「Quick Japan」の創刊準備号をちょうど手に取ったんですね。そっちの衝撃の方が大きかった。もちろんレコード屋さんも行ったし、新宿の、マルイの地下にあったヴァージン・メガストアの大きさにびっくりしたとか。呆然とする感じで、「これが東京か……」みたいな(笑)。

大谷:わー、これからレコードたくさん買える! みたいな感じにはならなかった?

宮里:そうですね……。その時代に、同世代の音楽で何を聴いていたのかって、いまあんまり思い出せないんですよね。

大谷:90s初期のロックだと、グランジが出てきて、ミクスチャーが出てきて、ヒップホップだとニュースクールで、さらにクラブでテクノで……みたいな、本当に沢山の流行が日本にも入ってきていた訳ですが。

宮里:ニルヴァーナは聴いたかなあ。一応。なんか、しばらく、その辺りが空白期間なんですね。日本のもいろいろ聴いていたと思うんですけど、メロディーのある音楽、というか、音楽における歌詞の価値とか、あんまり最終的にはどうでもいいみたいで、気がつくとやっぱりJB(ジェームス・ブラウン)的なものを聴いちゃってる。

大谷:90年代はまだネット以前な訳ですが、メディアとして、TVは見てましたか?

宮里:TV……。90年代って、TVで音楽番組ってやってましたっけ?

大谷:カウントダウンTVとか、ダウンタウンの音楽番組とか。あとは、リアリティ・ショウ/オーディション番組としての「朝ヤン」から「モーニング娘。」が出るとか、ですかね。あと「夜もヒッパレ」的なカラオケ番組。80sの歌番組とはまた全く違った感じで。

宮里:見てないですねえ。何で情報を得てたのかなあ。いちおう「ロッキング・オン」とか読んでたかな。音楽雑誌というよりは、カルチャー誌全体に勢いがあった時代ですよね。

大谷:何か記憶に残っている当時の雑誌はありますか?

宮里:「Quick Japan」と「Barfout!」は読んでましたね。「TV Bros.」もときどき。だけど、音楽でいうとやはり渋谷系的な感じとは微妙な距離感があって、僕はやっぱり田舎者なんで、川勝(正幸)さんとか、北沢(夏音)さんに代表される、あ、北沢さんとは一緒に本も作らせてもらっているんですが(笑)、そういった都会生まれの都会育ちの、街っ子の感覚は基本的にはとても好きなだし憧れるんですが、やはり微妙な距離感があった。川勝さんは福岡からの上京者だけど、宮崎出身のぼくには圧倒的に都会の人に見えた。

大谷:それは上京した学生の頃からそうだったってことですね。