記事詳細

【鉄ドル・伊藤桃 “ぐう渋”居酒屋の旅】メニューなんと200種類以上!トレインビューもできちゃう 「たぬき」JR東十条駅 (1/2ページ)

 JR京浜東北線・東十条駅のホームで列車を待っていると、線路の向こうで赤く光る「たぬき」のネオンが目に入ります。「たぬき」は駅北口からわずか徒歩1分。店前の踊り場や奥の座敷から、行き交う列車を撮影もできるトレインビューな店でもあります。

 鉄道ファンでもある私は、まずそこに心ひかれましたが、魅力はそれだけではありません。驚くのはメニューの豊富さ。その数なんと200種類以上! 余りの多さに五十音順のメニュー表までありました。これだけあれば、その日食べたいものはほぼそろいます。

 1985(昭和60)年の創業から、お値段据え置きという1串60円の串カツや、変わり種メニューのツナ餃子など思わず目移りしちゃいますが、中でも私の一推しはあじのたたき。

 「たぬき」では入り口にいけすがあり、さばきたての魚をいただけます。まるで漁村にきたような獲れたて、うまみの乗った新鮮なあじは580円。今はフェアでさらにお安く480円でした。お願いをすると骨せんべいにもしてくれます。そしてお食事もお酒も、思わず歓声があがるほど一つ一つがボリュームたっぷりでおいしい。

関連ニュース