記事詳細

「タイミング最悪」だった伊藤健太郎の逮捕 ひき逃げ事故で各方面に影響

 バイクとのひき逃げ事故を起こしたとして俳優の伊藤健太郎(23)が29日に逮捕(30日に釈放)され、様々な方面に影響が出ている。

 「タイミングは最悪です」映画関係者もテレビ関係者も口をそろえる。伊藤は30日公開の映画「とんかつDJアゲ太朗」に出演しており、そのPRのため、数々のテレビ番組に出演予定だったが、それらはすべて差し替えや撮影し直すなど、対応を余儀なくされている。

 NHKは朝ドラ「スカーレット」や「アシガール」など出演ドラマの配信を停止。12月に放送予定だったドラマ「夜の連続テレビ小説「うっちゃん」」も伊藤の降板を発表。CMに起用していた企業は動画を削除するなど対応に追われている。

 「伊藤は、事故直前にも自身のSNSで、出演CMのキャンペーンの告知をするなどしていましたが、CMも続々と決まっていた矢先だっただけに影響の甚大さは計り知れない」(スポーツ紙記者)

 9月には、伊藤が18歳の時からマネージャーを務めていたスタッフと決別し、事務所も移籍するなど新しいスタートを切ったばかりだった。

 「事務所移籍も表向きは円満と言われていましたが、ブレイク直後の移籍ですから、本来ならトラブルになってもおかしくない状況だったとも聞いています。今年1月には女優の山本舞香との熱愛報道も出ていましたし、公私ともに絶好調でした」(前出・スポーツ紙記者)

 まさに好事魔多しということだが、伊藤は、今年4月にも車両事故を起こしていたという。技術が未熟なら運転させるべきではなかったということだが、いさめるスタッフもいない裸の王子様だった。 (zakzak編集部)

関連ニュース