記事詳細

【高須基一朗の“瞬刊”芸能】木村拓哉の「緻密なこだわり」は健在 (1/2ページ)

 木村拓哉(48)が映画やドラマで見せる顔と別の一面を見せ話題なのが無料動画「GYAO」で毎週日曜日に配信される「木村さ~~ん!」。TOKYO FMでリスナーからの要望に応える形でスタートした20分枠の番組で、今週120回目を迎えた。

 木村といえば、公私で身にまとう、あらゆる品々にこだわりを持つ。ドラマ「若者のすべて」(1994年)で着用したディッキーズのチノパンにレッド・ウィングのエンジニアブーツ、ゴローズのシルバーアクセサリーは爆発的な人気に。私は当時、彼が腕に巻くロレックスのエクスプローラーIがどうしても欲しくなり、無理して買った。

 「木村さ~~ん!」でも、ブーツメーカーにカスタムオーダーを頼む回で、プロ顔負けの革素材の知識を見せていた。

 今週の配信では、ダーツのプロ選手と対戦。ルールの詳細は省くが、技術に加えて勝負カンも抜群の試合運びで、難しい「的」を次々と射止め、スターらしさを見せつけた。