記事詳細

東映・岡田会長を襲った「急性大動脈解離」 高血圧や動脈硬化の人がなりやすく予兆なし (2/3ページ)

 中原氏は「高血圧と動脈硬化は生活習慣病にあたる。塩分や脂質の多いものを控えるなどの食生活を心がけたほうがいい。2つの病気は現在は人間ドックで発見できるため、降圧剤やコレステロールを下げる治療薬もあるため、処方を受けるのもいい」と語った。

 岡田氏は、「映画界のドン」といわれた元東映名誉会長、岡田茂氏(2011年死去)の長男。俳優の石坂浩二(79)に似た甘いマスクで慶応大在学中にスカウトされ、1969年に俳優デビューした。

 70年代半ばからはプロデューサーとして活躍するようになり、高倉健さん(2014年死去)と吉永小百合(75)の初共演作『動乱』(80年)などを製作。

 東映入社は88年。映画界でも熱烈なサユリストとして知られ、吉永の主演作を多数企画した。そして2002年に社長、14年からは東映グループ会長や日本映画製作者連盟会長を務めてきた。

 ◆吉永小百合「信じられないことです」 広瀬すず「あんなにお元気だったのに」

 東映グループの岡田会長の急逝を受けて、映画人からは惜別のコメントが相次いでいる。

関連ニュース