記事詳細

【みうらじゅん いやら収集】老いてもなお、ご盛んな“絶倫” 前戯を若者に任せ準備万端 出番見計らう社長風オヤジが登場「日活ロマンポルノ」 (1/2ページ)

 世の中のことが大体、分かってきた気になった時、人は老いていくんだと思う。

 「あぁ、あれね」とか「結局、そうしたもんだよ」などと、口では言うものの本当は次なるステップにいくことが億劫になっているだけ。ちょうどいい頃に性の方も枯れ始めてきて「よくもまぁ、あんなしんどいこと夢中になってしたもんだよ」と、悟ったようなことを宣うわけだけど、世の中には枯れてもなお、ご盛んな御仁がおられる。

 “絶倫”と呼ばれるその類い稀な才能は、ぼんやりと老いていく者たちを時に震撼させる。

 今回、是非とも紹介したい絶倫オヤジは、コレ!『(丸秘)温泉 岩風呂の情事』。

 日活ロマンポルノ作品であるが、登場するオヤジ(社長風)は、妖艶な婦人をベッドに転がし、しばし、高みの見物を決める。

 若い男を連れ立って温泉宿に逗留したのはそのせいで、オヤジは若い男とその婦人が絡む姿を見て、己れを奮い立たせているのだ。

 この映画を僕は随分、若い頃、場末の映画館で観た記憶がある。