記事詳細

福原愛さんいよいよ窮地!? ついて回る“W不倫”疑惑、自宅から退去の報道も かつての“国民の娘”もなすすべなしか (1/2ページ)

 “国民の娘”ともいわれた卓球少女、愛ちゃんも、かなり窮地に追い込まれたようだ。離婚騒動の渦中にある元卓球女子日本代表の福原愛さん(32)が、東京都内の自宅から荷物を運び出し退去したというのだ。発売中の『女性セブン』が報じた。果たしてどこへ向かっていくのか。

 同誌は、3月下旬、福原さんの自宅から、家具や衣料品などを詰め込んだ段ボール箱が4トントラックに積み込まれていく様子を伝えている。

 「福原は台湾出身の卓球選手、江宏傑さん(32)と結婚後は台湾で暮らしており、東京の家は日本で活動するときの拠点でした。そこを引き払ったということは、一連の騒動で、もうそこにはいられないということです」と週刊誌記者。

 彼女が家を引き払う直前、『週刊文春』が、彼女の不倫相手とされる知人男性も実は既婚者だったと報じていた。

 「文春は、福原さんがだまされたという記事にしていますが、たとえだまされていたとしても、福原さんが既婚者で子供もいるという事実が変わるわけではない。福原さん自身は不倫を否定しており、だまされたことにもショックを受けているかもしれないが、むしろ世間の目は“W不倫”という厳しい見方になっています」とスポーツ紙記者は指摘する。

関連ニュース