記事詳細

【ぴいぷる】布施明 「晃」が「明」…デビューきっかけの番組で名前間違えられ芸名に 55周年「まだまだ通過点ですよ」 (1/3ページ)

 「55周年ねぇ。50周年のとき、半世紀もやるとは思わなかったと言っていたのがつい先日のようですよ。それから5年。何の勉強もしていないなって思うんです。これではまずいなって焦りのほうが大きいですね。だから節目というよりも、まだまだ通過点ですよ」

 『霧の摩周湖』『積木の部屋』『シクラメンのかほり』、そして『君は薔薇より美しい』…。数々のヒット曲で日本の歌謡界を彩ってきた、その圧倒的なボーカル力は55年たってもなお健在だ。

 「声はね、親に感謝しないといけないでしょうね。僕は若いころからちゃんとしたトレーニングは積んでいないんですよ。そのせいか、ひとつの発声法にこだわってなくて、いろんな先生にいろんな方法を教わって、そのときそのとき、自分に一番いい歌い方をしてきたの。いいとこ取りだね」

 2019年には「声帯ポリープ」と診断されたが、手術前にポリープが消失。手術を受けることなく、復帰するということも。

 「大衆演芸に近いところで働く僕たちは声が出ないからやめますっていうわけにはいかない。だから緊急事態なら緊急事態なりの声の出し方というのも学んできた。そうやっていくことで何の音楽的な素養もない僕もやってこれたんだね」

関連ニュース