記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】「イキっているみたいで、カッコ悪い」若者に大型バイクは不人気も…「イージーライダー」は死なず (1/2ページ)

 私より上の年代の方とバイクの話をすると、必ず、映画『イージー・ライダー』(1969年)に話題は及ぶ。言わずと知れた名優ピーター・フォンダと、怪優デニス・ホッパーを世に知らしめた、アメリカン・ニューシネマの代表作だ。

 ベトナム戦争に揺れるアメリカ、反体制的な2人の若者が、大型バイクで放浪の旅に出るというシンプルな話だが、そこに流れる痛烈な社会風刺が当時の若者を引き寄せたのは言うまでもない。

 当時、この映画に影響されて、会社を辞めて「自分探し」の旅に出たというような方たちもいたと聞く。すごい話である。今の時代、人生の根幹を変えてしまうような映画などめったにない。

 この作品に出てくるのが、チョッパースタイルに改造された「ハーレー・ダビッドソン」。

 当時、日本はカミナリ族などが問題になっていたこともあり、暴走する若者の心、イコール、大型バイクという公式が一気にできあがったのだろう。

 だが時代は昭和から平成、令和と一足飛びに進み、昨今の若者にとっての大型バイクはまったく別の存在である。

 実際に若者たちと話をすると、昭和世代のようには、多くの若者が等しく大型のバイクに対して憧れを持っていない事実に驚いた。

 「大きなバイクが欲しくないのか?」

 私がそう尋ねると、なんとも不思議な答えが返ってきた。

 「イキっているみたいで、カッコ悪いス」

 つまり、無意味にイキがって、調子に乗っているようで、大型バイクは今の時代の若者には人気がないらしい。

 その感覚は他の多くのことに及ぶ。不思議な時代である。若いうちにイキがっておかないで、その先、いつイキがるというのだろう。

関連ニュース