記事詳細

【大鶴義丹 それってOUTだぜ!】昭和引きずる「バブル世代」はギラギラしていて滑稽 明治男の再来「Z世代」が抱く違和感 (1/2ページ)

 私たちアラフィフは“バブル世代”などとちゃかされることが多いが、その正確な定義は、バブル景気が始まった1986年後半から91年2月までの間に就職活動をした世代だという。

 私はまともな就職活動をしていないが、映画『首都高速トライアル』でデビューしたのは88年。今思うと、若いというのに映画やテレビのギャラが昨今と比べると結構な額であった。

 そんな「おもひで話」はさて置き、現在25歳から34歳あたりの世代を「ミレニアル世代」と呼び、さらに現在16~24歳あたりを「Z世代」と呼ぶらしい。

 「ミレニアル世代」は人格形成に影響するであろう多感な時期が2000年より前。その時期はまだ日本も好景気を微妙に引きずっていて、大きな社会変化もなかった。

 だが「Z世代」というのはリーマンショックに始まり、東日本大震災から放射能の恐怖、そしてコロナ禍という総仕上げである。

 私たち世代も冷戦という見えない恐怖はあったが、現在のようにリアルな出来事として、「人類滅亡レベル」の事件が青春時代に起きてはいない。

 当然、社会に対する不信感は大きいはずだ。奥底では、世の中なんてあっという間にむちゃくちゃになる、という前提で生きているのかもしれない。

 そのせいなのか、よくいわれる両者の代表的な違いは、「ミレニアル世代」でも倹約傾向が強いが、「Z世代」はさらに消費などに慎重だ。

関連ニュース