記事詳細

ドS御曹司役が話題の眞栄田郷敦 兄・新田真剣佑にはない強み (1/3ページ)

 

話題ドラマへの出演が続く眞栄田郷敦

 

 現在放送中のドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)にて、主演の二階堂ふみを翻弄するドSの御曹司役が話題を呼んでいる眞栄田郷敦(21才)。俳優デビューからわずか2年で連続ドラマの大役を務め、大ヒット上映中の映画『東京リベンジャーズ』では、メインキャストの一人として実力派若手俳優陣の中に名を連ね、いま最も勢いのある俳優の一人として注目を集めている。ここでは、兄の新田真剣佑には無い眞栄田の魅力について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *

 眞栄田の兄といえば、新田真剣佑(24才)である。兄の新田もまた、若手を牽引するトップ俳優の1人だが、SNSなどで2人の名を検索してみると、意外にも彼らが兄弟であることを知らない人も多いようだ。確かに現時点の眞栄田は、新田とは異なるタイプの俳優のように思う。両者とも、異なる“ストロングポイント”がそれぞれにあるのだ。

 2人の父親は、言わずとしれた日本が誇る世界的な映画スター、千葉真一さん(享年82)。『仁義なき戦い 広島死闘篇』や『魔界転生』、『キル・ビル』など数多くの代表作を持ち、特にアクションにおいては後進の育成にも尽力してきた偉大な存在である。そんな彼の遺伝子を、新田も眞栄田も色濃く受け継いでいるように思う。直近の出演作で言えば、新田は映画『るろうに剣心 最終章 The Final』にて、眞栄田は『東京リベンジャーズ』にて、その片鱗を大いに見せている。

NEWSポストセブン

関連ニュース