記事詳細

AVもリモートで個別に“特別対応” お気に入りのセクシー女優に動画リクエスト、トップレスも (1/2ページ)

 長引くコロナ禍で、エンタメ業界は無観客の配信ライブといった形でオンライン化が加速している。それと同じように、AV業界でもテレワークが進行しているようだ。実質、感染におびえることなく楽しむことができるので、ファンも演者もウィンウィンか。

 コロナ禍が収まらない中、サイン会、撮影会といったファン参加型のイベントの開催が減少している。また感染予防に注力する勤務先からイベント参加を禁じられて、自粛を余儀なくされている男性も少なくない。

 そんな中、自宅にいながら、人気AV女優から個別に特別対応してもらえるサービスが注目されているのだ。人気セクシー女優のイベント情報サイトのイベルトが運営するサービス「イベルトラブレター」は、指名したセクシー女優に自分専用のメッセージ動画をリクエストすることができる。

 「〇〇クン、早く寝ようよ」

 「〇〇様に仕える私はHなメス豚です」

 お気に入りのAV女優から、官能小説やAVのワンシーンに推し女優と自分を当てはめたようなメッセージが届くのだから、ファンはたまらない。女優サイドがOKする範囲でユーザーは楽しむことができる。

 リクエストが承認された後に課金され、リクエストした動画は、会員サイト内でのみ、制限期間内に楽しむことができるという。

関連ニュース