記事詳細

【ぴいぷる】久本雅美 “笑涯現役”デビュー40周年 ワハハは町中華、コロナ禍忘れて 全体公演「王と花魁」東京、大阪などで上演 (1/3ページ)

 「今、演じているこの舞台が最高傑作。次にこれ以上の舞台をつくることはできないのでは? 毎回そう思いながら演じてます。どの舞台でも100パーセントの力、もう全力で。だから37年間、本当にアッという間でしたね」

 日本屈指のお笑い演劇集団「ワハハ本舗」。1984年の創設以来、率いてきた看板女優の言葉は自信に満ちている。

 舞台女優としては今年、デビュー40周年の節目。昼の帯番組から夜の人気バラエティーまで、テレビで見ない日がないほどの売れっ子だ。

 「テレビも他のメディアも大好きだし、大切な活動の場。でもやはり私にとって、ワハハの舞台が主戦場であることに変わりはありませんよ」

 コロナ禍、延期されていた新作公演「王と花魁」が28日、開幕する。構成・演出は創設時からの盟友、喰始(たべ・はじめ)だ。

 「ようやく舞台に上がれます。全国で待ってくれているお客さんと会えるのがうれしくて…。じっとしていられなくて、舞台練習の前に柴田理恵の家に行き、打ち合わせしてきたところです」

 もう一人の看板女優、柴田と、最初に所属した「劇団東京ヴォードヴィルショー」を飛び出したのが37年前。同じく一緒に退団した喰らと創ったワハハに“梅ちゃん”こと梅垣義明ら個性あふれる新人が加わり、盤石な演劇集団を築き上げていった。

 「みんな60代になったのに、欠けることなく、今も舞台公演ができるなんて。本当に奇跡のよう」。しみじみと振り返る。

関連ニュース