荒木師匠「明るく楽しく」をウリに銀座でクラブを経営

当時も今も輝いてマス

2009.10.20


お立ち台女王・荒木師匠【拡大】

 「オープンは6月1日で、ようやく5カ月目。ご多分に漏れず、景気が悪くて大変です。でも、神様が与えてくれた私のミッションは『元気がない人を元気にする』だと思うから、『明るく楽しく』をウリに頑張ってますよ」

 荒木師匠と会ったのは東京・銀座7丁目のミニクラブ「アプレガール」(TEL03・3571・2375)。

 ディスコクイーンは、タレント活動と並行して銀座で飲食店をやっている。ただし、「私はあくまで“師匠”」というワケで、ママとは呼ばないのがアプレガール流なのだそうだ。

 「店外でのイベントやロケがない限り、ほぼ毎日出勤しています。営業は平日の19時から23時45分まで。土日祝日はお休みです」

 店内はカウンター6席に、豹柄シートのテーブル席が24席の計30席。師匠がCM出演した80年代ユーロビートのコンピレーションアルバム「アラフォー・ユーロビート」(EMIミュージック・ジャパン)のプロモーションビデオ撮影に使用したモエ・エ・シャンドン・ブリュット・アンペリアル・ジェロボァムNV(3000ミリリットル)がさりげなく置かれているあたり、さすが銀座である。

 ショータイムやイベントも見逃せない。「26日から30日まで、私とフロアレディ2人の計3人がメイド服で歌って踊る『メイド DE ハロウィン』を予定しています。思いっきり、弾けちゃいたいですね」

 「ボトルは各種1万円からで、ボトルがあれば1万3000円〜(1人、税・サ別)、ボトルがなければハウスボトルとセットで1万5000円(同)。ご予算はお1人様2万円ちょっとくらいです」

 お店経営だけでなく、企業のパーティーに結婚式2次会、各種イベントのコーディネートや司会も行う。

 「ダンスショーの場合、最小3人ユニットでご予算は応相談です。幹事さん、ぜひご検討くださいね」

 ブログを拝見すると、恋愛ネタが多いが?

 「近頃ご縁がないので、彼氏募集中です。私のお店に通えるぐらいの資金力は欲しいですね」

 我と思わん方、銀座のアプレガールへどうぞ。

■あらき・ししょう 1991年にオープンした芝浦のディスコ「ジュリアナ東京」をメーンに、90年代前半のディスコシーンをリード。「お立ち台の女王」と呼ばれた。マイクロミニのボディコンに、羽毛をアレンジしたジュリ扇を手にして踊るのがお約束。医師と結婚したが、その後離婚、現在独身。

 

注目情報(PR)