【ドラオタ軍団 続・斬り捨て御免】加藤夏希、姫なのに…

★フジテレビ系「リアル・クローズ」(火・22:00〜)

2009.10.22


加藤夏希【拡大】

 加藤夏希、フジ系「リアル・クローズ」に香里奈の同僚、販売役で熱演中だ。ドラマでは「自分を姫のように崇める都合のいい男性が好き」という設定だが、このほど明らかになった裁判騒動を見る限り、現実はドラマのようには…。

 女優デビューは1999年のテレビ朝日「燃えろ!!ロボコン」でのロビーナ役だ。我々は古い方の「がんばれ!! ロボコン」島田歌穂のロビンちゃん世代なのだが、お人形さん的な可愛らしさはどちらも魅力的。

 TBS「花より男子2(リターンズ)」やテレビ朝日「スシ王子!」「4姉妹探偵団」と連ドラ出演多数、フジの金曜プレステージの2時間ドラマ「クッキングパパ」でもなかなか魅力的な演技にドキドキしたもの。

 ドラマついて書くべきネタは山ほどあるが、どうしても「エヴァ」の話を書きたい! 自称アニメ好きですと、アキバ系オタクを“金ヅル”として大好きなアイドルが多い中、加藤夏希は本物でした。雨上がり決死隊の「アメトーーク」で「エヴァンゲリオン芸人」の回、有田をはじめアノ濃い芸人の中でトークに負けずに参加、素晴らしかった。エライ! 良くやった頑張った!! 本物のエヴァ好きだったんだ。

 ただ、綾波レイのコスプレはちょっと、どうかと思う。元気いっぱい加藤夏希のキャラでは無理がありすぎ。大胆コスプレ姿にムフフフ…となれないのだ。惣流(式波)・アスカ・ラングレーの方が似合うんじゃないの?

■ドラオタ軍団とは? テレビドラマで人生を間違えてしまった30歳オーバーの男達。定職にも就かず、結婚もせず、女優にコダワリ、妄想の日々。作戦会議は近所のファミレス。ドリンクバーだけで何時間も熱い議論を闘わせている。

ロボコン
 

注目情報(PR)