【ふるせエリア】高校生のアノ声が聞こえてきて…姉さんそれは感心できないわ

2010.03.10


古瀬絵理【拡大】

 卒業シーズンですねえ。実は私もとある資格講座の卒業を控えておりまして…。卒業するためには膨大な課題をやらにゃいかんのですけど、触ったこともないエクセルで作る書類まで課題に含まれていて、困った揚げ句、ライター友達(♂)にネットカフェ(男友達と2人で自宅で過ごすのも誤解を招きますのでね)でエクセルの使い方を教えてもらうことに。必死で取り組んでいたら、高校生のあえぎ声が何度か聞こえてきて辟易としてしまったフルセです。ネットカフェは3時間いても1000円未満だからお小遣いの範囲でやりくり上手なのは認めますが、姉さんそれは感心できないわ(苦笑)。

 卒業って色んな意味があると思うんですが、男女の別れもその1つですよね。先日、随分前に付き合っていた人の親友から電話があり、「今も未練があるみたいよ」なんて情報を教えてくれました(ちょっとおせっかい。笑)。男子の方が未練がましいとはよく言うけれど、本当なのねえ! なんてことが言いたいんじゃないんですよ! 私はとっくに卒業していたので、その人が気立てのいい女子と出会って結婚してくれていればいいなあと思っていたくらい! だから正直びっくりですよ〜。ありがたいんですけどね。

 男女がいったん別れてしまったら復活はあるかないかって、人それぞれだと思うのですが、私は復活はないと思ってるのですよね。もちろん復活がある人はそれでいいと思うんです。きっとその前に別れた原因が改善できたから元に戻ることを決められるんだと思うし。だけど、前述の人の場合、自分の枠にはめ込もうとして私の仕事を認めようとしなかったんですよねえ。一番頑張りたい部分を認めてもらえなかったというのかしら。聞くところによると、どうやらその部分は今も変わっていないよう。どんなに愛情が深かったとしても、そこが変わらなかったら友達にもなれなそうな気がしてしまいます。まあ、本人に言われたわけじゃないのですけどね(笑)。

 好きな人には全部ひっくるめて愛してもらいたい〜♪ 本音、書いちゃったわ。いつもだけど…。

■古瀬絵理 ふるせ・えり 32歳。フリーアナウンサー。中学の教員免許、野菜ソムリエ、焼酎アドバイザー、マネーマネジメントの資格を持つ。BS11「ベストセラーBOOK TV」放送中。

 

注目情報(PR)